グルコサミンの本音を薬剤師 森が語る!

健康




こんにちは。私は、「グルコサミン」の商品を開発した薬剤師の森です。
 
以前同級生の友人とゴルフに行き、コースを回っている最中にふと、こんな話になりました。
 
「なんだか最近膝が痛くて、コースを回るのが億劫になってきてさ〜。
数年前は毎日でも周れたのに、もう歳だな。お前の薬局で何か膝に効くいいものない?」
 
「えっ、お前もう膝が痛いの?歳をとったといっても早くないか?」
 
…あれっ?でも最近、子供のおむつ替えをしていると、立ち上がる時に膝が痛い!
普段歩くときは、全く問題無いのだけれど…
 
そう気づいた瞬間、このままどんどん膝痛がひどくなってしまうのではないか。
膝だけではなく、腰や肘なども痛むようになり、
いろんなことが億劫になっていくのだろうかと、
急に不安になってきます。
 
まだまだやりたいことはいっぱいあります。
ゴルフも続けたいし、山登りもしたい。
たまには海外旅行をして大好きな遺跡めぐりもしたいし、
いつか孫ができたら孫とも遊んでやりたい。(だいぶ先の話になりますが)
 
やりたいことはたくさん思いつくけれど、
何歳頃まで元気に好きなことをやっていけるのでしょうか。
 
私の母は膝が痛くなったことをきっかけに、
大好きな旅行へもあまり行かなくなってしまいましたが、
若いうちはできたことができなくなってしまっても、
「年のせい」という言葉で済ませられるのでしょうか。
 
少しでも長く、元気に好きなことを続けていくためにはどうすればよいのか、
少し調べてみることにしました。



生きているだけの寿命は、幸せではない!?



1950年代には主要先進国中、最低だった日本人の平均寿命は、
食生活や生活レベルの向上、医療の発達などにより、
今では世界で有数の長寿国となりました。
しかし将来の日本は、周知のとおり高齢化社会が
世界でも例をみないような速度で進行していきます。
日本が長寿になったことはとても喜ばしいことですが、
できれば健康な長寿であることが理想的です。
高齢になっても、元気に好きなことをしたいと思いませんか?
 
寝たきりで自立して生活ができない状態でも、
本当の意味で長寿と言えるのでしょうか?
 
最近では「健康寿命」といわれる、
健康で障害の無い、いきいきとしている状態の期間が見直されているのです。
 
日本の平均寿命は長くなってきましたが、
「健康寿命」と「平均寿命」の差はどのくらいの年数があるかを調べてみると…
 
平均寿命は男性78.6歳、女性は85.6歳。
健康寿命は男性72.3歳、女性は77.7歳。





つまり、男性では78.6−72.3で6.3年、女性では85.6−77.7で7.9年、
何らかの障害をもって健康でない生活していることになります。
実際に、この期間には介護が必要となるケースも含まれているようです。
健康ではない期間が思ったよりも長くて、ちょっとびっくりします。
皆さんは、この6年〜8年の期間をより短くするぐらい、
十分に体力があり、健康体といえますか?
 
では、健康寿命を縮める原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
 
厚生労働省の統計データ(平成16年)によると、介護が必要となった原因の
 
1位は「高齢による衰弱」
2位に「関節疾患」
3位に「脳血管疾患」
4位に「骨折、転倒」でした。
 
つまり、2位と4位を合わせて考えると、身体の運動器官の機能低下が、
ケガや骨折などを引き起こしているということになります。
介護を必要としないためにも、健康寿命を伸ばすためにも、
"身体の運動器官"が健康であることがとても重要ということがわかったのです。
身体の運動器官には、骨や軟骨が大きく関係しているのですが、
その骨や軟骨を健康に保つためにはどうしたら良いでしょう。
 
「遠くまで歩くのがつらい」
「階段の昇り降りがつらい」
「ひざの曲げ伸ばしがしにくい」
 
など、どれも骨や軟骨などの運動器官が大きく影響して、
生活にも支障が出ている状態です。
 
できればこのような状態になる前から、何か手を打っておくと良いのですが、
気付かないので、身体のひめいが出始めてから、初めて気づく方がほとんどだと思います。
だからこそ、生活に支障が出る前にできるだけ早く手を打つことがとても大切なのです。
 
そこで、骨や軟骨など運動器官の機能を低下させないためにも、「健康寿命」を延ばすためにも
必要な栄養を摂ることが欠かせません。
食生活だけで補うことが難しい成分の摂取は、手軽で効率よく、
しかも"体感できるもの"が理想的だと思います。
 
私は薬剤師として家族や友人、自分の悩みに真剣に取り組むことに決めました。
 


グルコサミン 5つのポイントへ進む





ポイント1 決め手となる栄養成分は3つ!
ポイント1 これが本物というぐらいの純度です
ポイント1 工場は添加物を入れたがる!
ポイント1 目いっぱいの量を詰めて、たったの5粒に!
ポイント1 アレルギーがあっても飲める場合がある!
ポイント1 【まとめ】今まで体感できなかった方に、ぜひ試してもらいたい。


ヒアルロン酸&コラーゲン楽潤のお問い合わせはこちら
電話番号0120-242-182、FAXは0120-478-093

 お問い合わせ窓口である「ドラッグほうれん草」につながります。

インターネット:お問合せフォームからお問合せください。
 電話が混み合っていることもございます。その場合はメールにてお問い合わせ下さい。
薬剤師の森 孝幸です。
薬剤師 森 孝幸

「国産グルコサミン&西洋ヤナギ活歩潤」のご紹介 【初めての方に】
「国産グルコサミン&
西洋ヤナギ活歩潤」のご紹介
グルコサミン選び5つのポイント
決め手となる栄養成分は3つ!
これが本物というぐらいの純度です
工場は添加物を入れたがる!
目いっぱいの量を詰めて、たったの5粒に!
アレルギーがあっても飲める場合がある!
【まとめ】なめらかで健康的な生活をおくるために!


初めてのお客様へ
会社の紹介
STAFF紹介
個人情報に関する表記
通信販売法
サイトマップ

みなさまとの8つのお約束
【当店のモットーです】
安心してご利用頂きたい!
当店をご利用のお客様や
ご検討中の方に
6つのことをお約束します!
私たち健康管理士がみなさまの健康をサポートします。
【お客様サポートのご案内】
私たち健康管理士が
皆様の健康をサポートします。


各種お問合せ

お申し込みは、インターネット、またはお電話にて受け付けております。




色のついている日にちは商品出荷、電話・メールでの注文確認、メールサポートはお休みです。